頭皮乾燥ケアは大切です

category01

頭皮はデリケートですから思っているよりも乾燥しやすい場所です。
皮脂や常在菌などのバランスが乱れると乾燥しやすくなりますし、肌質は個人差がありますので気付いたときには乾燥が進んでしまっている場合もあります。

頭皮乾燥を招かないために日ごろのケアは正しく行いましょう。

頭皮乾燥を防ぐためには体質に合ったシャンプーを選びましょう。洗浄力の高すぎるシャンプーは皮脂を奪い過ぎてしまいますし、刺激も強いのでよくありません。

頭皮乾燥ケアの優良サイトの情報を公開中です。

頭皮も肌ですから、ケアに使うものは顔と同じように意識して選びましょう。

頭皮乾燥を招かないためには、洗い過ぎも避けましょう。

シャンプーは一日一回までを限度としましょう。

あなたのご要望に応えるYOMIURI ONLINEを詳しく調べるなら便利なサイトです。

熱すぎるお湯を使うのもよくありません。


皮脂が落ちすぎてしまうからです。


皮脂は頭皮にとって大切なものですから、落とし過ぎると過剰分泌を招くことがあります。
皮脂が多くて頭皮がべたつくからといって、洗浄力の高いシャンプーを選べばよいというわけではありません。
トータルでケアを見直して、なるべく頭皮を刺激しないように汚れだけを落としましょう。洗い方も大切です。ゴシゴシ洗うというのはよくありません。



頭皮を中心に、指の腹を使って優しく洗いましょう。


また、シャンプーの洗浄力に頼るのではなく、ぬるま湯で汚れを落とすということも大切です。ぬるま湯にも髪の汚れや頭皮の汚れを落とす力はあります。


予洗いやすすぎを雑にして、シャンプーを洗浄力の高いタイプにしても汚れが落としやすくなるわけではありません。
予洗いやすすぎもしっかり行い、頭皮を刺激しないように汚れを落とすようにしましょう。

人に言いたい美容

category02

頭皮乾燥は、頭皮環境を悪化させる要因となります。肌の乾燥は自覚しやすいということもあり、日々保湿ケアを行っているという人も多いようですが、頭皮の場合は目に見えない部位であることや乾燥していることが分かりにくいことから、十分なケアを行っていないという人も少なくはありません。...

subpage

学びたい知識

category02

頭皮乾燥を原因とする症状に痒みがあります。シャンプーをしたばかりなのに頭が痒い場合や、頭全体が痒いというときには頭皮乾燥が疑われます。...

subpage

基本知識

category03

頭皮のフケや痒みに悩まされるようになったら、頭皮乾燥を疑ったほうがいいかもしれません。頭皮が乾燥してしまうと、フケや痒みの症状が出やすくなりますし、場合によっては抜け毛も増えていきます。...

subpage

よく解る情報

category04

フケが肩などに落ちていると不潔な印象を持つ場合もあります。毎日シャンプーしていてもフケがでることもあり、髪の毛を不潔にしているからフケが出るということではない場合もあるのです。...

subpage